産まれてすぐの赤ちゃんでもできるスポーツってなにかご存知ですか?それはスイミングなんです。歩けなくても、首が据わってなくてもできるスポーツなんです。 ベビースイミングとも呼ばれていますが、なにもスイミングスクールに通うことなく、自宅のお風呂から始めることもできるんです。なにより赤ちゃんはお母さんの羊水の中で10ヶ月ものあいだ過ごしていたわけですから、水に対する抵抗が、生まれてまもないほどないといえます。ですから、こわくて顔を水につけることができない、となる前に、水と親しくする訓練が、乳児のころからできる、ということになります。 具体的にはどのような内容かというと、弱めのシャワーを頭からかけ続けます。なんだ?それだけ?と思われた方もいらっしゃると思いますが、水が上から落ちてくる状況のなかで、口呼吸することが大切なんです。これができるようになると、教えなくても簡単に息を止める、ということができるようになります。