お子様が被保険者の生命保険についてどう思われますか? 「縁起でもない!」とおっしゃる親御さんも多いのではないかと思います。 自分の子どもに何かあった時には親が全力で守りますし、 もし仮にお子様が保険に加入されたとしても保険金を受け取って喜ぶ親御さんはいません。 それなのになぜあえてお子様に生命保険なのでしょうか。 それは、お子様が将来生命保険に加入できなくなるかもしれない可能性を取り除くことと、 親が子どものためにという気持ちを契約という形で残せるという点にあります。 将来、お子様が例えば社会人になった時に、それまで親が契約者として支払っていた保険を お子様に契約者変更し引き継ぎをします。 その時初めてお子様は、これまで親が自分のためにここまでしてくれていたんだということを 「契約」というのを通じて知ることになります。 そういったひと手間、愛情を形にして伝えるという行為がお金のこととなると大事だったりするのです。