ブログもそうですが、フェイスブックやツイッターで何かの出来事や日々思うことを書きこむたびに「脳内流失」だと思います。 分かる人には分かると思いますが、今はビッグデータの時代ですから、危険と言えば危険。 やろうと思えば、簡単に個人特定できてしまいます。 それでもSNSはじめ、ネット上で情報公開を積極的にしてしまうのは、人間の社会的動物である性(さが)でしょうね。 ツイッターやフェイスブックは、人間の社会的営みを有効活用するメリットが多々あります。 「拡散」の効用が大きいと思います。 企業活動であったり、個人の興味の対象であったり、何かを発信したい状況下で、このようなツールは本領発揮します。 それらを活用する人口が増え続けている土壌があってこそのメリットが、時には人命救助までしてしまったりもしますからね! でも私は、フェイスブックからは身を引きました。 何故かって?映画の「ソーシャル・ネットワーク」を観て、幻滅したからです。。。